ライン

保護猫紹介

ライン

ごろう

ごろう ごろう


ごろう(♂)年齢:5歳 (2017年3月時点) 

センターに負傷猫として収容されていました。
交通事故に遭ってしまったようです。

頭蓋骨骨折。下顎骨折。顔面骨折。右前肢骨折。眼球損傷。
頭蓋骨以外は手術をしています。
左眼球は摘出しました。右眼も見えていません。
全盲となってしまいましたが、話しかけ撫でるとゴロゴロ言って嬉しい気持ちを伝えてくれます。
直ぐに『ゴロゴロ』言うごろうをみて、看護士さんが付けてくれた名前です。

性格が穏やか仔で、治療にも協力的なごろう。
未だ強制給餌でしか食べられません。
もうしばらく治療が必要な為、現在も入院中です。(H29年3月8日現在)
とにかく痛みが和らぎ、傷付いた身体が回復に向かい、そして自力で食べられるようになること。
それを目標に治療をしています。

ごろうをお家でみてくださる里親さんも募集しています。
できますフォローはさせていただきます。
健常な仔より少しだけ手がかかるかもしれません。
今を生きることに一生懸命なごろうから、教えてもらえることもあります。
甘えん坊で愛らしい性格の持ち主のごろう。
よろしくお願いいたします。


ごろう保護時の詳しい内容はブログをご覧ください。
負傷猫ごろうの収容時の記事2017年2月14日の記事(記事の下の方に記載しています)



【医療処置情報】 これから実施のも含まれます
*健康チェック
*3種混合ワクチン接種
*ウイルス検査(FIV(+).FeLV陰性)
*検便
*駆虫薬投与(プロフェンダー、マイフリガード)
*マイクロチップ装着
*不妊・去勢手術
*下顎、顔面(頬)、右前肢、眼球の手術
*点滴・投薬等の必要な治療



里親もしくはフォスターペアレントご希望の方は、譲渡条件をよく読み同意した上でアンケートからお願いします。

譲渡条件と流れ フォスターペアレント制度
里親応募フォーム フォスターペアレント応募フォーム

Copyright (C) またたび家保護猫シェルター. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system